スタートガイド

ecforce bi スタートガイド

本記事では、ecforce biで分析を始める前にご確認いただきたい内容をまとめています。

ecforceのデータが同期されるタイミングについて

毎日深夜4時頃に、ecforce上のデータ(受注情報 / 定期情報 / 顧客情報 / 商品情報)が同期されます。

ホーム画面について

ホーム画面には、ダッシュボードが表示されます。

ダッシュボードとは

ダッシュボードは、各種分析結果を一覧表示する機能です。
ecforceに蓄積されたデータに対して分析を行い、その分析結果をグラフや表などの形式で視覚的に分かりやすく表示します。関連するグラフを並べて比較できるため、ひと目見ただけで簡単に分析結果を確認できます。

ホーム画面のダッシュボードは変更することができ、ご利用開始時点ではプリセットダッシュボードが表示されていますが、プリセットダッシュボードをカスタマイズして必要な情報のみを確認できるダッシュボードに変更できます。
またプロフェッショナルプランのアカウントのみ、独自のグラフを作成し、それらのグラフをまとめた独自のダッシュボードに変更できます。

ホーム画面に登録するダッシュボードはアカウントごとに設定可能なので、担当業務に合わせて選んで登録することも、チーム全体で同じ指標を見ることも、どちらにも対応できます。

プリセットダッシュボードとは

定期販売の商材を扱う場合、商品が定期か単品か否かで様々なKPIの数字に影響を及ぼすと言われます。また流入経路ごとの細かな分析も、適切な広告コストの基準をつくるために必要になります。

プリセットダッシュボードでは、定期販売商材を扱うショップ向けの事業KPIを可視化しています。

プリセットダッシュボードで分析できること

分析対象とする受注 / 顧客について

プリセットダッシュボードは、以下の受注 / 顧客を分析対象とします。
▼受注
・決済状況が「売上完了」

・合計金額が1円以上
▼顧客
・顧客ステータスが「会員」

・顧客購入回数が1回以上

分析ジャンル 詳細
LTV(全体、広告URL、商品)分析 「ECサイト全体のLTVを分析する」「広告URL別にLTVを分析する」「購入された商品別にLTVを分析する」の3種を用意しています。それぞれのタブから詳細分析が可能です。
詳細については各タブの説明をご参照ください。
LTV
LTV_広告URL別
LTV_商品別
受注分析 「ECサイト全体のKPIを分析する」「広告URL別にKPIを分析する」「ショップページのKPIを分析する」の3種を用意しています。それぞれのタブから詳細分析が可能です。
詳細については各タブの説明をご参照ください。
受注分析
受注分析_SHOP
定期受注分析 定期継続率や、定期のキャンセル/停止理由の分析ができます。
詳細については定期受注分析をご参照ください。
顧客分析 顧客をLTVで階層化し、階層別の顧客人数や購入回数などが分析できます。
詳細については顧客分析をご参照ください。
キャンペーン ecforceのキャンペーン機能で実施したキャンペーン施策の効果が分析できます。
詳細についてはキャンペーンをご参照ください。

プリセットダッシュボードをカスタマイズする

プリセットダッシュボードの必要なグラフのみを表示したり、レイアウトを変更したダッシュボードを使用できます。
以下の手順で操作をしてください。

  1. 【ダッシュボード】画面を開く
  2. ダッシュボード一覧にて、「プリセットダッシュボード」をクリックする
  3. 「画面右上のアイコン > 複製」をクリックする
  4. ダッシュボード一覧にて、複製したダッシュボードをクリックする
  5. 画面右上の「ダッシュボードを編集」をクリックする
  6. 不要なグラフにマウスオーバーして、ゴミ箱のアイコンをクリックする
  7. 「保存」をクリックする
  8. ダッシュボード一覧にて、複製したダッシュボードの「メニューアイコン > ホームに設定」をクリックする

ダッシュボードの操作方法

ダッシュボードの基本的な操作方法について説明します。

フィルタを使用する

フィルタを使用することで、深掘りの分析ができます。
画面左側のアイコンをクリックしてフィルタ画面を表示します。
絞り込む条件を設定します。
「フィルタを適用」をクリックします。

アイコンについて

ダッシュボード上のデータにマウスオーバーすると、以下のアイコンが表示されます。

アイコン 説明
フィルタ 適用中のフィルタの詳細が表示されます。
メニュー 以下の操作ができます。
・フルスクリーン表示:データを画面全体に表示する
・テーブルを表示:データをテーブル形式で表示する
・詳細を表示:データの詳細をテーブル形式で表示する
・ダウンロード:CSV/Excel/画像形式でデータをダウンロードする

この記事の目次

このセクションの記事

スタートガイド